モビットでおまとめローン

まずモビットは消費者金融であるので、総量規制が適用されるという点を大前提として覚えておいて下さい。よって、総量規制が適用されるということは、モビットでは自身の年収の1/3を超える借入は行えないことになります。

 

 

年収の1/3以上の借入希望だから諦めるしかないなぁ・・・


また、モビットでは「借り換え」といったような、おまとめ専用のサービスがなく、一見年収の1/3以上の金額を借りるのは100%不可能に思えますが、実現する方法がないだけではありません。

おまとめローンという貸付の条件

ですがおまとめローンという貸付は総量規制対象外であり、まとめることを目的として利用する場合はおまとめ専用のサービスのないモビットであっても利用が可能となります。当然の事ですが既存他社の合計金額とまとめて借り換えたい金額の総合計が

 

 

年収の1/3以内であればまとめることを目的とせずも融資は可能です。


ですが、おまとめローン利用者の殆どは年収の1/3以上の金額での融資を希望している事からもわかる通り、既存他社の借入をまとめる事で金利が低くなり利用者にとってメリットのある貸付は年収の1/3以上の融資が可能となるのです。

 

即ち、総量規制の例外項目にある「顧客に一方的有利となる借換え」であればおまとめ専用のサービスのないモビットのカードローンもこれに該当するのです。

 

 

おまとめを目的としていればいいのかぁ・・・


但し、あくまでもおまとめを目的すれば1/3以上の金額での融資が可能というだけであって審査は当然厳しくなるので必ずしも審査に通過するという事ではありません。

 

これは、おまとめをする事で融資する金額が大きくなると同時に改めて利用者の返済能力を確認しなければ貸手側のリスクも大きいからです。更に既存他社の借入が3件以上ある場合や延滞はなくても繰返しキャッシングしている場合、返済能力が乏しいと判断されます。

融資実行後の返済について

尚、融資実行後に注意しなければいけないのが既存他社への返済です。前述の通り、モビットではおまとめローンという類の商品は取り扱っていないことから融資実行後の返済は自分で返済する事になります。

 

 

融資が実行されても返済に充てずに違う目的に使用した場合、更に負担が大きくなるだけです!


この場合、融資したモビットには全く責任がありませんし、貸付も違法ではありません。このような返済自己を防ぐ為にもおまとめローンを利用する場合既存他社の返済も融資先が全て返済してくれる金融機関のおまとめローンを利用するのがベストです。

 

消費者金ではプロミスのおまとめローンなら既存他社へ直接振り込んで完済してくれる為モビットのような返済事故も起りません。