特定調停

借金が膨れ上がってしまい自分では支払いがどうしようもなくなった時に行う債務整理という方法があり、債務整理には任意整理や自己破産、個人再生と特定調停という債務整理の方法があることで先に任意整理を説明しました。

 

債務整理の方法は、実際の債務者の財務状況によって異なるので、自分に合った債務整理の方法を選択しなければなりません。その中でも特定調停は他の債務整理の方法とは違い、

 

 

弁護士や司法書士に債務整理の手続きの委任を行わずに債務者本人が任意整理の手続を行いたい時に使うシステムです。


任意整理と比べたメリット

その為に弁護士や司法書士にかかる着手金などの各種費用が不要となるので、安く済ませられる点が何よりの魅力だと思います。

任意整理と比べたデメリット

しかし同時に債務整理の複雑な手続きを個人で全て行わないといけません。

 

その為提出した書類に不備があれば何度も裁判所からやり直しを命じられたり、必要な書類を揃える為に債権者に打診をしなければならなかったりなど、通常では弁護士や司法書士の方が行ってくれる私達の見えない部分での難しい手続きや交渉を行う必要があり、必ずしもお金だけのメリットが際立つ債務整理とは言えない部分もあります。

 

しかしその中でも特定調停という債務整理の手法があるのには色々と理由があるのだと思います。

 

まずは上記でも言いましたが、弁護士、司法書士に払うお金が必要ないので手持ちの現金がまったくない人にはメリットがある方法です。

 

さらには借金が免除される免責を受ける事が出来ない、ギャンブルなどの借金の理由がある人などは、特定調停(任意整理も)であればどんな理由の借金であっても和解交渉を行うことが可能です。

個人再生や自己破産と比べたメリット

それに関連する事ですが、個人再生や自己破産は公的機関を利用するのでこれらの手法(個人再生・自己破産)で債務整理を行うと官報に名前が記載されます

 

官報は一般の人はめったに見ることはありませんが、闇金業者は見ているのでダイレクトメールなどが来たりして更なる勧誘をしてきたりします。このような事も含めて債務整理の事実を一切知られたくない債務者もいます。

 

特定調停の場合は名前が官報に記載される事はないので、債務整理をした事実が周りに分かる事はありません。

 

特定調停は色々と魅力もありますが、裁判所に強制力はなくあくまで素人の個人が行う事なので必ずしも成功するとは限りませんし、少しのお金をケチるぐらいなら

 

 

プロに任せて最大限の効果を発揮してもらった方がいいでしょう。