おまとめローンの知られざるデメリット

おまとめローンは複数の債務を一まとめに出来るため返済が楽になると言われていますが、実は大きなデメリットが複数存在しています。

単に返済期間が延びただけ

まず一つ目はまとめることにより返済は楽になりますが、気を付けないとただ単に返済期間が延びただけで総支払額がまとめる前よりも多くなってしまうという場合があることです。

 

これはおまとめローンの金利が一般的なカードローンより安いため意外と気づかないポイントなのですが、

 

 

重要になってくるのはまとめた際に安くなると言われている金利ではなくまとめた際の総支払額


の方です。例えば、

債務の合計が150万円あり金利が18%で2年返済の場合とおまとめローンでまとめて金利が15%で3年かけて返済にした場合とで比較してみると
  • まとめず2年返済の場合は総支払額が約204万円になるのに対し
  • おまとめローンを利用した場合には総支払額が230万円

になってしまいます。金利が下がっているのに支払金額は増えてしまうわけです。ですからおまとめローンでまとめる際には、総支払額が減る場合は、

  • 金利と毎月の支払額が減る
  • 総支払総額が減る

の一挙両得となりおまとめローンのメリットを最大限に活かす事になりますが、支払総額が増えてしまう場合には、

 

 

支払総額が増えるリスクを毎月の支払額を減らす為に取らなければいけません。


この場合返済期間を同じ2年に設定すれば総支払額は減りますから、その2年間毎月の支払額は耐えれる状態かどうかその点をしっかりと考えなければいけません。それとおまとめローンでまとめてしまった場合、

 

 

追加融資が一切できなくなるのもデメリットだと言えます。


おまとめローンの場合返済に特化したローンのため、カードローンのように追加でお金を借りるということが一切できなくなります。

 

ですからもうお金を借りないのであれば問題は無いのですが、まだこれからカードローンの利用をするかも知れないと言う場合には、まとめてしまうことでお金を借りることが出来なくなってしまいます。

 

まとめることによって返済しやすくなるというメリットは生まれてきますが、まとめ方を間違えてしまうと様々な弊害が生まれてきますので、おまとめローンを利用する際にはデメリットもあると言うことを知った上で利用する必要があるでしょう。