トータルの支払期間を短くするために毎月の返済金額に注意

複数の借入をひとつにまとめることができるおまとめローンですが、大前提として知っておきたいのが「借入そのものが減るわけではない」という点です。確かに個々の借入については完済された状態になるものの、

 

 

おまとめローンってのは借入額が減るわけでもないからなぁ・・・


融資を受けた金額そのものが0円になるわけではなく、返済先がスライドしただけの話です。ここで気をつけたいのが毎月の返済金額です。おまとめローンを利用するうえで特徴のひとつとなっているのが、毎月の返済金額を少なくすることができるという点です。

重要なおまとめローンの返済期間

基本的には既存の借入先よりも低い金利が適用されるところを選ぶ場合が多いため、トータルで支払う金額についてもこれまでのところに比べると少なくなります。これを受けて毎月の返済金額についてもこれまでと比べて少なくすることができるのですが、

 

 

ここで注意したいのが返済期間が長くなってしまう可能性についてです。


言うまでもなく毎月の返済金額については少しでも多い方がトータルの返済期間についても短くなります。これは、毎月の返済金額にかかわらずその中から適用される利息分については一定であるという理由からです。

毎月の返済額が返済期間と総支払額に影響する

少しでも多くの金額を毎月の返済時に支払うことで、それだけ多くの金額を元金への返済分に割り当てることができるのですが、毎月の金額が少なくなるとそれだけ元金への充当分も少なくなってしまいます。結果的に返済期間が長くなってしまい、

 

 

せっかく低金利でおまとめローンを利用してもトータルで支払う金額が増えてしまうといった結果になりかねません。


こうした事態を防ぐためにも気をつけておきたいのが毎月の返済金額です。返済金額についてはおまとめローンの利用であっても無理のない範囲で対応することが大切ですが、返済期間を少しでも短くするためにはできるだけ多めの金額を毎月支払うことが重要です。

 

あまりにも少ない金額を毎月返済する場合には結果的にトータルで支払う金額も多くなってしまう可能性を理解しておきましょう。