おまとめローンか任意整理かを選ぶタイミング

おまとめローンの利用先として、低金利で高額の融資が可能な銀行は多くの人が選択肢として考えることと思います。

 

 

返済が苦しくなってきたらどうすればいいんだぁ?


とはいえ、そもそもおまとめローンにすべきかどうかというのは、その人の現状によって異なりますので、今回はおまとめローンか任意整理か、という選択について考えてみましょう。

 

 

苦しいから任意整理という判断はちょっと考えが浅いかもしれないわよ。


おまとめローンの利用先として銀行を考える人が多いのは、現在の借入に比べて少しでも金利が低くなることを期待している、という要因もありますが、それによってできるだけ返済を楽にしたいという部分が考えられます。

返済状況が良好で金利の軽減を図るならおまとめローン

おまとめローンか任意整理かの選択については、既存の借入に対して返済を滞納せず、順調に借入残高が減少しているかどうかで判断しても良いでしょう。複数ある借入先に対して一度も返済に滞納がなく、

 

 

おまとめローンにすべきかなぁ・・・


借入残高についても順調に推移しているということであれば、おまとめローンの利用を検討しても良いタイミングといえます。その場合、返済能力については問題ないということなので、

 

 

おまとめローンの場合は審査を通過する必要があるから返済状況が重要になるわ!


おまとめローンにすることによってさらに返済が楽になる可能性があると考えることができるためです。また、おまとめローンの審査でも返済に滞納がない状態というのは評価が高くなる要因でもありますので、過去の返済に問題がないようであれば審査に通る可能性も高くなるといえるでしょう。

返済状況が悪く減額により返済が保てるなら任意整理を検討

逆に過去に滞納をしたことがあるという場合であれば、その状況にもよりますが、おまとめローンの審査に通らない可能性が少なからず考えられますので、そのような場合には任意整理についても検討してみた方が良いかもしれません。

 

また、審査に通らない可能性もさることながら滞納をしたことがあるということであれば、おまとめローンを利用したとしてもその後の返済が難しくなる可能性があります。このようにおまとめローンか任意整理かというのはその人の状況によって異なります。

 

 

任意整理の場合は債権者が交渉に応じてくれるかもポイントなので減額による返済計画がしっかりしたものでなければ再び返済が苦しくなるケースも多いのよ!


おまとめローンを利用する、しないに関わらず現在の借入状況に対して確認しておくことは大切です。