おまとめローンを推進している銀行とそうでない銀行

おまとめローンの利用先として人気があるのは低金利で高い融資が受けられる「銀行系カードローン」です。そのため、おまとめローンを利用したいと考えた場合まずは銀行で、と考える人も多いのではないでしょうか。

 

 

おまとめローン利用者の扱いは慎重を期さないとなぁ・・・


ただし、ここで注意したいのが銀行によってはおまとめローンを積極的に推進しているところとそうでないところがあるという点です。銀行にとっては、「おまとめローン」を利用したいと考える人は「多重債務者」と何ら変わりがありません。

 

もちろんこれは極端な例であり、既存の借入残高や件数についても返済可能な範囲である場合がほとんどなのですが、既に複数のところから融資を受けている状態でお金を借りようとしているというのもまた事実です。

おまとめローン取扱いの考え方の違い

消費者金融がおまとめローンの融資を推進しているのは、他社の顧客を自社の顧客に取り込むといった目的もありますが、銀行によっては敢えて他の顧客を取り込む必要がないところもあります。

 

実際におまとめローンの推進について積極的な銀行としてはネット銀行などの「新興系」の銀行が中心となっています。大手の都市銀行は他のカードローンに対する申込も少なくないことからおまとめローンで顧客層の拡大を図る必要性が薄いというわけです。

 

 

まとめ

  • 消費者金融の場合は他社消費者金融の顧客を取り込む目的
  • ネット銀行の場合は顧客層の拡大を図る目的があり積極的
  • 大手都市銀行の場合は返済能力の高い優良顧客の獲得が目的の為に消極的

加えて、おまとめローンの場合は「多重債務者」を相手に融資を行うということでもありますので、銀行としても返済能力に難ありと判断され審査が慎重になる可能性も考えられます。

 

 

返済能力があるだろうか?


こうした理由から、おまとめローンの審査については銀行によっては対応が異なると考えておいた方が良いでしょう。通常のカードローンもそうですが、銀行が融資対象としたいのは返済が遅れずにコストをかけず回収できる優良顧客です。

 

勿論、すべての銀行がそうというわけではありませんが、おまとめローンの利用を銀行系カードローンで考えているのであれば、利用先を選ぶ上でそれぞれの特長を知っておくべきです。