銀行のおまとめローンの審査に通る3つのコツ

銀行は低金利で高額の融資が受けられるということから、おまとめローンの利用先としても最適な選択肢のひとつです。そのため、おまとめローンの候補としては消費者金融よりも銀行を第一に考えるという人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、おまとめローンの審査に通るためのコツについて紹介します。

メインバンクのおまとめローンに申込むと有利

まず第一に、現在自身がメインバンクとして利用している銀行に申し込むというものです。既に口座をもっているということであれば、銀行からすれば「顧客」ということでもありますので、審査についての手続きもスムーズに進めることができます。さらに大きな要因は、

 

 

給与振込や支払などの明細が他行の口座だと確認できないが自行口座だと銀行側で確認することができるからです。


また、おまとめローンの利用ともなれば高額の融資でもあるとともに「借り換え」であるともいえますので、金利の面についてもさらに優遇してもらえる可能性もあります。銀行からすれば既存顧客が新商品の購入を検討してもらえるということで、様々なメリットを用意することも考えられます。

既存借入を少しでも減らしておくと有利

第二に、

 

 

現状の既存借入を少しでも減らしておくということです。


もちろんこれについてはできる範囲で構いません。無理して一度に返済する必要はありませんが、それでも少しでも借入の残高を減らしておくことでより審査も有利に進めることができます。

 

融資を行った金額が返済されるかどうかという点は、銀行であっても消費者金融であっても気になるところであり、その不安要素を取り除くことが審査の目的ともいえます。不安要素を減らすという意味で、既存の借入を減らしておくことは大きな意義があるといえるでしょう。

まとめる件数を最小限にしておくと有利

第三に、まとめる件数を最小限にするという点も大切です。現在借入を受けているすべての残高をまとめるのではなく、

 

 

金利が高いところに絞ってまとめるというのもおまとめローンのひとつの形といえます。


そうすることで、銀行にとっても審査で確認する内容や項目を簡略化することができ、より審査に通りやすい状態を作りだすことができます。

いかに自身にとって有利な状態で申し込むか?

がおまとめローンでは重要です。