おまとめローンの利用中でも過払い金請求が可能

おまとめローンを利用する場合、その利用をスタートした時点で既存の借入先への返済は完了していることになります。消費者金融で用意されているおまとめローン専用の商品を利用する場合であれば、既存の借入先に対する返済は業者側で対応してもらえる場合がほとんどです。

 

また、銀行のカードローンでおまとめローンを利用するのであれば銀行ではなく自分で完済する必要があります。ここで完済しておかなければ

 

 

  • おまとめローンの利用をすることにはなりません。
  • 完済することが利用するための条件となっている場合もある。

その後はおまとめローンの利用先に対して返済をすることになるのですが、ここで問題となるのが「過払い金」についての問題です。「過払い金」というのは、法定利息を超えた金利が適用された状態で返済をしていた場合に、法定利息を超えた分の利息については違法という観点から「払いすぎた利息」のことをいいます。

 

法律の専門家に間に入ってもらい、業者に過払い金請求をすることで払いすぎた利息が戻ってくる、こんな話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

 

実はおまとめローンの利用を開始した後であっても過払い金請求をすることが可能です。


そもそもおまとめろーんの利用開始時点で、既存の借入先に対しては返済が完了した状態となります。

 

 

過払い金請求というものは返済が完了したところに対して行うもの


なので、この時点で過払い金請求ができる状態になっています。また、おまとめローンの返済そのものはまだ完了していなかったとしても、最初に融資を受けていた業者に対しては返済が完了していますので返済中であっても特に問題はありません。

 

この過払い金請求の時効は10年となっていますので、おまとめローンの利用前にさかのぼって請求することができます。

 

実際に戻ってくる過払い金がどれぐらいあるかということについては借入金額や利息によって異なりますが、それでも気になるようであれば一度相談してみると良いでしょう。