おまとめローンの審査に通らない

おまとめローンを利用する場合ですが、実際に申し込む業者によって対応が異なります。

 

ただし、どこでおまとめローンの利用を申し込んだとしても、必ず審査を受けなければならないという共通点があります。

 

おまとめローンの審査では、主に本人確認と既存の返済状況とにわかれますが、目的が融資を行った後の返済が問題なく行われるかどうかを判断することであるため、申し込んだ人の中には審査に通らない人も出てきます。

 

では審査に通らない理由にはどういったものがあるのかといえば、ひとつは既存の返済状況に問題がある場合です。

 

これからおまとめローンを利用するというのに、既存の借入に対して返済を滞納しているという「実績」があるのではこれでは審査には通りません。

 

特におまとめローンの審査ではこのあたりは厳しくチェックされるようで、1回でも滞納があればそれだけで審査に通らない理由とされてしまうことも珍しくはありません。

 

次に、まとめる件数が多い場合も審査に通らない理由のひとつです。

 

消費者金融のようにおまとめローンに特化した専門の商品を取り扱っている業者の場合、既存の借入先に対して業者が返済を行いますので件数が少ないに越したことはありません。

 

また、銀行を利用しておまとめローンを組む場合でも、既存の借入件数が多くなればそれだけ審査で不利に働きます。

 

既に多くの業者から借入を受けているのであれば、できるだけひとつにまとめるべきなのですが、それにも限度というものがあり、あまりに多くの件数をまとめようと申し込むと、審査に通らない理由となります。

 

この他、過去のカードローンの利用状況などによって審査に通らない場合もあります。

 

おまとめローンといえど、融資を受けた分に対して返済できない可能性が少しでもあればそれは審査に通らない理由となってしまいます。

 

こうした審査では、過去に遡って利用状況を確認されることになりますので、既存の借入だけでなく過去の借入などについても見直しておきましょう。