おまとめローンを利用する際の注意点

おまとめローンは色々なところにお金を借りているのを一纏めにして支払いを楽にすることが可能なローンです。数か所にお金を借りている場合それぞれに支払いを行わなければいけませんし、

 

 

金利もそれぞれ別途必要になるため非常に無駄が多く、精神的にも負担が大きいと思います。


おまとめローンを利用すると、数か所にある債務を一か所にまとめることが出来、金利もおまとめローン一つだけになりますから、無駄を大きく省くことが可能になります。支払いが一か所になることにより、色々なところから返済に追われているという

 

 

精神的負担も軽減されるため、いろんな面でメリットが大きいローンだと思います。


それと、一か所にまとめたことにより返済の計画が立てやすくなることもおまとめローンのメリットと言えます。デメリットは、おまとめローンの申請をした時点で、現在ある債務の総額が総量規制を超えていた場合に審査をクリアできない恐れがあるということです。

 

これは消費者金融のおまとめローンを利用する場合に必ず直面する問題ですから、自分の債務の総額を把握しておく必要があります。銀行が行っているおまとめローンの場合には総量規制の対象外になりますから審査をクリアできる可能性が高くなります。

 

しかし、債務の金額があまりにも多かったり、今までに返済が滞ったりしたことがある場合には、おまとめローンの利用が出来ない場合もあります。それと金利が安くなると言いましたが、おまとめローンにまとめた後の支払期間によっては

 

 

逆に支払金額が多くなってしまうという逆転現象も起こり得ます。


例えば、合計200万円の債務があり年利18%で3年で返済した場合、200万円+金利18%で3年分108万円=308万円となりますが、おまとめローンで5年支払いにして金利が14%だった場合、総支払額は200万円+金利14%で5年分140万円=340万円となり、普通にそれぞれ支払いを行ったほうが安くなってしまうわけです。

 

確かにおまとめローンにしたほうが金利は安くなるのですが、支払い年数をよく考えて返済計画を立てないとおまとめローンを利用した意味が全くなくなってしまいますから、しっかりと返済計画を立てることが重要ではないでしょうか。