銀行カードローンを選んだ時の注意点は?

おまとめローンは消費者金融以外でも銀行でも利用することができます。

 

銀行でおまとめローンを申し込む場合の注意点としては、基本的には通常の融資を受ける場合と同じです。

 

というのは、銀行でおまとめローンを利用する場合というのは、あくまでもその目的こそ既存の借入をまとめることにありますが、お金を借りるための方法に変化がないからです。

 

銀行では消費者金融と異なり「おまとめローン」の専門商品を取り扱っていない場合がほとんどのため、銀行からお金を借りておまとめローンを利用するのであれば、既存の借入に対して返済できるだけの金額を借りて、その分で返済を行うという方法になります。

 

このように、既存の借入に対する返済を自分でしなければならないというのは少し手間に感じるかもしれませんが、こうした手間をかけるだけのメリットが銀行のおまとめローンにはあります。

 

それが金利です。

 

お金を借りると、必ず「金利」というものが計算され、それに伴って利息を支払う必要があります。

 

金利が少なければその分支払う利息も少なくて済むということになるのですが、銀行で適用される金利は消費者金融に比べると低金利で利用できるという特徴があります。

 

そのため、おまとめローンの利用に際しても既存の借入で適用されている金利よりも低い金利が適用される可能性があるというわけです。

 

金利が低くなればそれだけ支払う利息も少なくて済みますので、その分返済も楽になっていきます。

 

また、銀行でおまとめローンを組む場合のもうひとつのメリットとしては、メインバンクとして利用している銀行から借りた場合には優遇金利が受けられる可能性があるという点です。

 

さらに低い金利でおまとめローンを利用することができるようになりますので、もしもおまとめローンを申し込むのであれば公共料金や給与振り込みなどで日常的に利用している銀行に相談したほうがメリットが大きいといえるでしょう。

 

金利以外にも様々なメリットがあるのが銀行ですので、一度相談してみるのも良いかもしれません。