審査で確認されるのはどんな部分?

おまとめローンでも、通常の融資と同様に申し込んでから実際の利用開始までに審査を受ける必要があります。

 

これはおまとめローンであっても「お金を借りてその分で返済する」というシステムである関係上避けて通ることができないもので、言うまでもなく審査に通らなければおまとめローンを利用することはできません。

 

おまとめローンの審査で確認される項目としては、基本的には通常の融資の場合と同様です。

 

既に現在利用しているところで増額の相談をし、その分でおまとめローンを利用するということであれば改めて身分証明書の提出といった本人確認は不要です。

 

今まで利用したことがない業者に改めておまとめローンの申し込みをするという場合であれば、そこの業者との契約になりますので本人確認が必須となります。

 

もちろん勤務先への在籍確認についてもこの段階で行われますので、この点については通常の融資の場合とほとんど同じと考えておいて良いでしょう。

 

異なる点としては、「既にある程度の金額を借りている状態」で申し込みをするという点です。

 

そのため、既存の借入に対する利用状況については特に重視される審査ポイントともなります。

 

既存の借入について、特に滞納などもなく返済が行われているようであればそれほど問題にはなりませんが、もしも滞納などがあった場合にはそれだけでも審査に通らない原因となることがあります。

 

これからおまとめローンを利用するにあたり、既に借りているところで返済に問題があるようでは今後の利用にも影響が出るのではないかとの判断が考えられます。

 

また、業者からすれば少しでも融資残高が少ない状態でのおまとめローンの方が回収しやすいという理由もあるかもしれません。

 

同様に、既存の借入についてもある程度の利用期間が必要とされています。

 

少なくとも1年以上は既存の借入に対して返済実績があった方が望ましいとされていますので、おまとめローンを申し込む時期についても慎重に考えた方が良さそうです。