まとめることができるのはいくらまで?

おまとめローンで借りることができる金額はどれぐらいか、というのは誰もが気になるところです。

 

というのは、おまとめローンの場合はどうしても複数の借入をひとつにする関係から高額の融資になりがちだからです。

 

銀行で借りる場合でも消費者金融を利用する場合でも、実際に借りることができる「上限金額」というものが設定されています。

 

おまとめローンの場合は消費者金融で借りる場合であっても総量規制の対象を受けなくなりますので、ある程度は高額の融資を受けることが可能です。

 

では具体的にいくらまでなら可能かということですが、総量規制の対象ではなくなるという関係から、ダイレクトに現在の状況が反映されます。

 

たとえば高い年収を得ているという人であれば、その収入の部分だけで判断するならそれなりに高額の融資が受けられる可能性があります。

 

ただし、既存の借入金額や件数が多い場合には必ずしもその限りではありません。

 

また、既存の借入に対して返済の延滞などがあるという場合にはさらに借りられる金額が少なくなります。

 

逆に年収が少なくても既存の返済状況に問題がなければ高額の融資が受けられる可能性があります。

 

消費者金融や銀行の場合、お金を融資するにあたっては、返済してもらえる可能性を考慮しますので、既存の返済状況が重視されます。

 

そのため、収入が多くても既存の借入に問題があればその分融資可能な金額にも影響が出てきますし、その逆もまた考えられるというわけです。

 

また、おまとめローンの場合は「いくらまで」という部分よりも「何件まで」という部分が重視されます。

 

既存の借入件数が多くなればそれだけ融資を行う金額も高くなりますし、業者側がそれらに対して返済を行うのであれば処理も煩雑になる他返済できない可能性も高くなっていきます。

 

こうした事情を考慮しておまとめローンの審査は行われますので、確実に審査に通ることを考えるのであればあまり多くの件数をまとめないように申し込むことも大切です。