おまとめローンは返済の為のもの

多重債務のよくないところは、借金総額の全体像がイメージできないことです。今時分がどれだけのローンを持っていて月にいくら返済しているのか、どれだけ余計な利息というものを払っているのか。返済の窓口がいくつもあってローンが複数に分けられてしまっては、

 

 

自分の借金を理解するということすら簡単なことではありません。


知らず知らずの内に余計な借金を重ねてしまい、行き着く先はもうどこからもお金を借りることができなくなるという事実だけです。そんな場面でおまとめローンが推奨されるわけは、シンプルに自分の抱えている借金の状況がわかりやすくなるからです。

 

借入先がいくつもあるから意識しづらいのであって、それが一つになってしまえば、嫌でも自分の状況を理解できるようになるでしょう。残高をみれば残りの返済額も一目瞭然ですし、明細をみれば利息にいくら払っているかということも明白になります。

 

返済の手間が省けたり、金額の大きな借り入れになるために金利が低くなったりというのは、その付加価値に過ぎないといってもいいかもしれません。おまとめローンはただ今あるローンをまとめるためだけのものであり、それによって

 

 

借金が劇的に減るわけでもなければ、返済の苦労がなくなるという事もないです。


利息の減少はわずかばかりのものですし、そして何よりこれ以上の借り入れが行えなくなるというデメリットがあります。おまとめローンは返済のための存在ですので、借り入れを行うことは目的には入っていないのです。

 

 

今ある返済を全て終えなければ、追加の借り入れなど行うことはできません


し、それでもお金を借りたいと思うのなら新しく違うローンに、借り入れの申し込みをしなければ叶いません。

 

しかしそれではおまとめローンにした意味が全くなくなってしまうのです。おまとめローンは返済のためのものだとよく認識して、利用すると決めたあとは自分の借り入れについての認識を、改めていく必要があるでしょう。